民事執行法上の差押の概念

民事手続とは、民事執行法上の訴訟になった際に定めた法律と命令、裁判所の

 

規則などに関して行う手続きの事を言います。その例としまして、バブルの崩壊に

 

伴い不良の債権回収を早く進めたり、競売妨害に対処したりするための手続きを

 

整備したり、自分自身が心身の障害や病気、貧困、失業などの理由で労働するこ

 

とが困難であると同時に資産が十分でないために独立して生計をする事ができな

 

い人の生活を他の人が援助をするために特定の人に対して一定の給付などの行

 

為を行うための手続きの改善を行ったり、給付の義務を持った人の財産を開示す

 

るための手続きに関しての整備を行っています。また民事執行法上、規定の手続

 

きを行うことができます。行う時とは、一定の給付義務を持った人が他の人に対し

 

て一定の行為を請求することができる権利を実現するために国が強制力を発動

 

し、一定の給付ができる人に対して満足させる事を目的とした手続きであり、請求

 

権の内容などを文章に基づいて行うことができる強制執行を行う事ができます。

 

強制執行が行われる時には、不動産を競売に出したり管理をする事ができます。

 

その他に、船舶や車など人間によって動かす事ができる物に関して手続きを行う

 

ことができます。このように民事に関する手続きを行う時には、民事執行法上の訴

 

訟になった際に行う事ができる手続きの事を言います。

Comments are closed.