債権者の権利を守るためにできることとは

 

af9920070813m

 

 

債務者がどうしても債権者の権利を守らない場合、差押する他ありません。

債権者の選択肢としては、少額訴訟または支払督促です。
少額訴訟は、回収金額が60万までであれば利用可能な訴訟で、訴訟と言っても非常に簡単な形式となっています。
利用する裁判所は、簡易裁判所で、手続きについても個人で行えるレベルです。

支払督促とは簡単に言うと、債権者が裁判所を通じて、債務者へ督促するといった回収方法です。
支払督促を行う上で、重要となるのは、相手方との債権のコンセンサスです。
わかりやすく言うなら、債務者が借金と認めていれば、督促が成立しやすくなります。
認めない場合は、支払督促から訴訟となりやすい手続きであり、債権回収に時間がかかります。

どちらの手続きを検討するとしても、事前の下準備は大切です。
相手方が債権者に借金をしている、またはしていた証拠をきっちり集めた上で、手続きに入らなければいけません。

相手方が債務者である事実を確認する為、何か書類を送付する場合であれば、内容証明を使いましょう。
内容証明は一般の郵便と異なり、裁判所での証拠となりやすい為です。
多少費用がかかる事となりますが、後の裁判所での手続きを考慮するならば、内容証明一択です。

元は自分の債権です。
必要な手続きを行なってしっかり債権を回収していきましょう。